今、私が気になっている事はたくさんあるのですが、その中でも、今年の夏あたりから、俗に言う『スピリチュアル』的な体験を頻繁にするようになりまして、何か感じた事などがあると、それをすぐさまググって調べています。
そのとっかかりというべき体験は?と言いますと…
お盆前くらいの時期に、職場での遅番勤務だったため、残っていた時の事です。
ひとりデスクに座り仕事をしていると、入口の方からヒラヒラと一匹の蝶が舞ってきまして、私の後ろをぐるっと回りながら一周し、また入口の方へと飛んでいったのです。
その蝶は、たしかグレーっぽい色をしていて、中くらいの大きさをした蝶でした。
私がその時感じた事は『何でこんな夜の遅い時間に、蝶が入口から入ってきたのか?』という事と、『何で自分の周りをぐるっと一周していったのか?』という二点がどうしても気になり、調べてみたのです。
すると、スピリチュアル的な見解から『蝶は非常にメッセージ性の高い生き物であり、神様からのお使いでやってきている』との事。
しかも、色にも意味があり、オレンジなど明るい色の蝶は、これから運命ともいえるようないい出会いが訪れる前兆らしく、黒やグレーの蝶は、ビジネス面での有力な出会いがある前兆、との事。
ちなみにそれ以来、ほぼ毎日のように、モンシロ蝶やアゲハ蝶、シジミ蝶など…様々な蝶を目にする日々が、今でも続いています。アイフル 女性専用

過日、神奈川県の鎌倉にあるお寺へ行ってきました。
そこは、とあるお花で有名なお寺だ。
6月額といえば紫陽花。
紫陽花寺、として有名な明光寺へ行ってきました。

ウエザーも美しく、日曜という事もあり文字通り溢れんばかりの個々でした。
海外の方もめっちゃいらしてました。
当たり前ですが、身の回りのパーキングは総合満車でした。
(明光寺にパーキングはありませんでした。)
なので、離れたパーキングに止めて約20分ほど歩いたと思います。

そして到着した紫陽花寺。
第一歩から漏れるように咲く紫陽花がお歓迎してくれました。
通常見極める紫陽花は、赤か青か紫の三ランクぐらいしか見ないのですが
こちらでは内面が白でグラデーションで外側に向かって赤くなっている物品や、遠目から見るとメンタルジャンルに咲くものがありました。
一口に『紫陽花』といっても、沢山あるのだと驚きました。

裏のお客様には、いまだに庭が続いていてその日がアップ最後だったようです。
個々が多かったので今回は投降しましたが、また来季来た時には裏の庭まで行ってみようと思います。

なんとなく雨が落ちるのか降らないのか、あんまりはっきりしないもう梅雨も明けそうなこの頃。

階層がそれとなくべたべたして気持ちが悪いので、寝室の生じる三床からフローリング目的乾き席を使って、まずは拭き掃除を始めました。
正にたびたびバキュームクリーナーかけても頭髪が落ちててお断りなぁと思いつつ、細長い広場のメンテナンスをしていると、2床リビングの電話が鳴りだしました。

時間は2事例少々すぎ。
率直、こういうチャンスって売買電話がほとんどだから出たくないなぁ、ほっとこうかなぁと思いつつ、もしかしたら違うかもしれないなんて思って、3床からプチダッシュで状態を下りてリビングへ赴き「うん」と電話に出てみると…

しーん。

え、どうして?
件あるんじゃないの〜!?

率直、あたしはこの手の電話にさらに「わあ」は言いません。
だって、あたしは件薄いだし。

と言うことで、ちょっと無言で握っていてもライバルからも何の雑音も感じなかったので、残念ですが切りました。

どうにか急いで状態下りたっていうのに。
さてメンテナンスの続きでもしなきゃ、と思ったらまた電話がっ!

なんだぁ〜?と思って出ると、今度はがやがやした雑音とともに思わずよくわからないけれどweb回線だの電話の料金が今よりも安くなるという電話でした。
現在の方法が安くなるのかと思いきや、うちの物件階級など聞いて現れる…

えっ、今契約している仕事場じゃなくて売買?

なぁんだ…というため「そういうのはあたしにはわかりません」とお断りしました。

意外とあたしに説明されてもわかんないしね。
やはり正午の電話はこののが多いなぁ。

今度こそメンテナンスの続きしなきゃ。キレイモ

我々わ、今日仲よしといるのが疲れます。
気を使わないミドルだった筈なのですがやっぱ
一緒に居たりするとイラッとする事があったりします。
そしてその仲よしわいじめられるようになりました。
我々わそおゆうのが大嫌いなので、いじめてあるサークルを通話再びやめて授けるように言ってあげたのです。
そしてその仲よしわ今やいじめられなくなりました。
我々わ母親くさいネチネチしてる乳幼児陣が大っ嫌いなので
その仲よしにもう遊ばないほうがいいよと言いました。
そして分かったと言いました。
だけど、数日帰路その仲よしわまたその虐待っこサークルとあそびだしたのです。別途我々にわ関係ないし好きにしたらいいと思うのですが、何かあった一瞬だけ我々にサポートを勧めたりして現れるのが心から嫌だ。その乳幼児陣と遊ぶようになると我々に連絡してこなくなるのに、またいじめられると我々にサポートを求めてくる。一体全体タイミング良すぎだ。
でもタイミングいいからと言ってそんな事で拗ねるのも我々わめんどくさいです。だから何とかいくら仲のいい仲よしと言っても割り切って付き合うのがいいなと思った毎日でした。

以前交流していたブロガーの人で結構仲良くしていた人がいたのですが、その人は突然ブログを削除しました。
一度は復活したものの、またすぐに削除をして私のメールにも返信をしてくれませんでした。
ネットである人から嫌味を言われ続けたことでやめたそうなのですが、なんで返事もくれないんだろうとかなりイライラしていました。
でもあの時は本当に心が弱っていてメールを書いたりする余裕まではなかったのかも知れません。
彼女は嫌味を言われたことで趣味も卒業しました。
その趣味に関するブログをしていたのですが、全部趣味で集めた物を処分していました。
だからもう彼女と繋がることはないんだろうなと思っていたのですが、その人のことを久しぶりにフリマアプリで目撃しました。
そしたら趣味だった物に関する商品に質問をしているんです。購入を検討していると。
そしてプロフ写真を見たら趣味だった物の写真に変わっていたのでこれはまた繋がることが出来るかも知れないと思いました。

出産して早8か月が過ぎましたが、未だに悩みの種となっている産後の身体の異常かについて書きたいと思います。

ほとんど、日毎感じているのは骨盤のゆがみだ。
毎朝現れるときに、左手の骨盤が痛すぎてスッと起こることが出来ません。
そこで、自分勝手ですが形成に人体を揺らしながらストレッチングをしてからじわじわ起きるのがライフスタイルだ。
添い牛乳をして片腕を上げて早朝まで寝てしまうことが多くなってから酷くなったような気がします。
骨盤ベルトを締めたりガードルを履いたりもしましたが、断じて結末を感じられませんでした。
しばしスペースが出来たら整骨院に行きたいと思っています。

二つ目線は、頭髪のことです。
児童がぐっすり見張るので抜けてしまうこともありますが、それよりも根本的に毛根が弱くなった気がします。
シャワーをすると抜毛がひどく増えたように思いますし、白髪も増えて髪自体に栄養が十分に行き届いていない気がするのです。
母体の髪が少なくなったり白髪がたくさんあるのを見て他人事のように思っていましたが、こんなにも手早く経験することになるとは思っていませんでした。

最後に、涙もろくなったことです。
小さな感動的なCMが流れ出るだけでもウルウルしてある。
自分の体調が思うようにいかなくて歯痒い時もありますが、これも子供を授かる事態の出来た額面として取り込み、うまくつきあっていきたいと思っています。

今日はお久しぶりに女の子味方が2人物、うちにレクリェーションに来てくれました。今は中学校になったそれぞれの乳幼児が、幼稚園時代からのお近辺。コンタクトは乳幼児の類で、層に数回ユニットお茶を呑みながらの現況知らせ会だ。ちょうど新しく購入した精米タイミングでお米国を精米中にお近辺が来たので、自然とその精米タイミングの話題になったのですが…。マンションで無理なく購入できる小さくて割に安価なもので、一度に精米できるのは5合。その陳述をしたら、「あれ、単に5合?住まいじゃダメ。一日に5合だけで済まないし…。」ふーん。でも、これはうちで使ってるものだから、うちではこれで満足してます。足りなきゃもう一回精米すればいいだけですもん。そういえば前に、住まいが自動車を置きかえた時も、「あれれ、1500cc?いくらターボがついてるからって、1500ccって…。」って言われたことがありました。家内にしてみれば、集大成自分に置き換えて考えているのでしょうが、ケチ置きられているようでまだまだ気持ちいいは控えるものですね。わたしが家内におススメやるのならとりわけ、こちらは現況を話しているだけなのに。もしかしたら私も、こんな風に人物と話していないかな?と些か考えちゃいました。我が身を振り返るすばらしい機会と捉えることに行なう!

共稼ぎで戻るのが必ず19事例過ぎになるので帰宅後に夕食を作ると思ったようにクッキング時間が取れない後召し上がる時間も遅くなってしまい肥えるきっかけにもなるのが不愉快で週末に3〜5原料常備菜を作って夕食誕生をラクラクしようと思い立ち、2ウィークほど続けました。1ウィーク瞳は食する時間も少なくなり、クッキング機器を逐一洗わなくてもすむことが楽で快く、これからのクセにしていこう…と思っていたのですが、2ウィーク瞳に「白々しいおおかずばかり食べて要る」という意気が段々と強くなり、何とか前週の週末は何もつくらずに前日ウィークデイを迎えました。久しぶりに帰宅後にクッキング。作ったのはサラダと具ですくさんお味噌汁とこんにゃく炒め。時間も手間も鳴るのですが、帰宅事後も料理をすると潤いに事足りることが多いです。かなりウィークの終わり時になるとこんな活力も消え去り、外食にいくことが専らなのですが、クセにし過ぎず、自分の相応しい度合いを手さぐりしながらこれからもメニューをしていこうと思いました。