20年ほど前に、団体でアメリカへ行って、現地の企業やNPOを視察したことがありました。視察自体はとても有意義でしたが、団体のメンバーが日本食ばかり食べたがるのには正直うんざりしました。現地の食べ物が口に合わなかったという事情は察しますが、私はたとえまずくても、現地でしか食べられないようなものをもっと食べればよかったのに、と思いました。そうすることで海外へ行ったという実感が持てて、旅の思い出にもなるからです。実際のところ、アメリカで食べたシーザーサラダは、日本のシーザーサラダよりもチーズの味が効いていておいしかったです。
さて先日、私はイギリスへ行きました。「イギリスの食べ物はまずい」という評判を聞いたことがありましたが、実際に食べてみるとそうでもありませんでした。料理は全体的に塩味も香辛料も控えめで、むしろおいしくいただけました。一方デザートのお菓子はしっかりと甘みがついているものが多く、マイルドな味付けの料理とは対照的でした。もちろんこちらもおいしくいただきました。

4月から仕事場がかわり環境がかわりました。
そして1ヶ月経ってやっと馴れてきたのかなってところです。
2カ所の仕事場を行き来している様な状態で、移動だけでも結構しんどいときもあります。
5月って新しく入った人も、元々いた人も誰もが環境が少しずつ変化しているのだから疲れが知らない内に溜まっていっている気がしています。
職場がかわった私は、気を張って仕事をしていた反動なのか、やる気が抜けてきている気がしています。
しかし、自分がどんなにやる気を失っていても仕事はどんどん来ます。やる気を出す為にどうすればいいのか悩みつつ仕事をしています。
「やる気スイッチぼくのはどこにあるの?」っていうCMが私の頭の中で流れます。どこにもないし、なんだったら電気がきれている気がしています。
もう少ししたらキッカケがあってやる気スイッチが入るのかと思います。そのキッカケとなる物事を探しつつ疲れているなら早めに帰る事にしたいと思っていますので、仕事を早く終わらせようと思います。http://www.presto-tek.biz/