春になりまして5階建ての屋上にあしなが蜂の巣ができているので、害虫駆除業者とビル管で撤去作業にかかる前準備の時です。業者は業務用の殺虫剤とビニール袋と軍手を用意していました。ビル管側も市販用の殺虫剤と軍手を用意していたのですが・・・1人の先輩が何をとち狂ったのか、ハエ叩きを用意していました。蜂は物理的な攻撃をされると狂暴になり、蜂を物理的に潰すと緊急ホルモンを分泌して大勢の蜂が逆襲にきます。5階建ての屋上に行きましたら何と、エアコンの室外機に巣を作っていました。エアコンは熱交換なので、室内を冷房すると室外機から温熱がでます。この温熱を利用して繁殖を早めていました。1人の業者がスプレーを巣に向かって吹かし、もう一人の業者がドライバーで巣の根元を破壊してビニール袋に蜂ごと入れました。残存の蜂からの攻撃は皆でスプレーを吹かしながら階段で5階へ後退。その後、エレベーターで1階に行きました。作業を終えた業者はビニール袋の封を絞めて車に乗せて帰って行きました。次の日、そのビルの屋上に行きましたら「ブーン」と蜂が飛んでいる音が聞こえたのですが、何処にも見あたらなかったのですが、頭の真上を見ましたら蜂の巣の根が屋上の階段の屋根に作られていまして、蜂も3匹いました。しゃがみながら270度の回転を行い後方へジャンプ、更に2匹が急速に接近をしてきましたので屋上の周りを全力で駆け回り、階段へ避難。そして階段で1階まで全力疾走、無事助かり先輩を呼んで巣の根元をマイナスドライバーで撤去。2度に渡って巣の根元を破壊されたので蜂も、このビルに巣を作るのを諦めたようです。