今日も朝からお天気、気分の良し日でした。

今日は労働が上がってから、お買物に行ってきました。
超絶で日機械や料理を貰うだけですが、ムードが上がります。
わたしはいっぱい、超絶でのお買物が自分勝手だ。

帰りにミスタードーナツに寄って、ドーナツを3個ほど買いました。
わたしは毎日一門ほどドーナツを食べます。
日によっては毎日2個のこともあります。
それ以上は食べられないのがやり切れないだ、さすがに胃が痛くなります。
以前までは毎日3個くらい軽かったのに…。
あー、もう食べたーい!
常に文句を言いつつ、美味しくドーナツを食べます。

ミスドのお店に行くと毎度、参ることがあります。
お業者のショーケースを見ていると、全ランクを買いたくなって仕舞うことです。
あと、大きな長方形の容器に入った、福袋ときのあのボックスを買いたくなってしまう。
あのボックスは、ドーナツが7〜8個くらいあるはずです。
でも一人では、どう見ても食べきれません。
あのボックス買って、思い切り食べたーい!
ミスドにいく度に、そういった胃もたれしそうなことを考えてしまいます。http://www.protoexpress.co/kakaku.html

予定日を過ぎた頃、陣痛がきた。でも、なかなか時間が短くならない。夕方病院に行ったけど、一旦帰された。でも、ずっと痛くて夜ご飯も食べられなかった。夜になって、もう一度病院に行くことにした。入院になった。やっと本格的に出産へ進む気がした。
旦那は立ち会い出産すると決めていたので、仕事を休んで、陣痛に耐える私の腰をずっとさすってくれた。母親もずっと背中さすってくれて、勇気付けてくれた。夜中になって、ずっと痛くて悶えてた。でも、まだまだ進む気配がない。
そのまま朝になり、痛みはさらにヒートアップしてきた。朝、母親が病院にきてくれたころ、分娩室に入ることになった。母親の顔を見たら、緊張していた糸がプツリと切れて、泣いた。
私は痛くて悶えていた。でも、微弱陣痛で促進剤をうった。土壇場になって、赤ちゃんの向きが違うって言われて、四つん這いやあぐらなど、姿勢を変えて陣痛を耐えた。もう、体が勝手にいきみ出してしまう。赤ちゃんが出てきそうで、痛みより我慢することが辛かった。だから、そこからはとても早かった。ほとんどいきむことをしなくても赤ちゃんが生まれてきてくれた。無事に生まれてきてくれた。その時、そばにいた旦那は私より先に泣いていた。その涙を見たときに、私は痛くて辛かった気持ちなんて吹き飛んだ。赤ちゃんを胸に抱いた時、命の重さを感じて、幸せにしなきゃって心に誓った。