データについて育成しました。先方が必要とする一報をシステマチックにピックアップ、蓄積してこれを有料で提供するデータを商用データと済む、こうしたサービスを提供する組織をデータプレゼント組織といいます。商用データは近年、日本の国内には1000行動を通り抜ける商用データがあり、提供される一報は職場の財務や景気、財政、証券、特許、工学などの就業一報の以外、知らせやムーブメント・娯楽など多範囲に亘ります。先方は前もって契約しておけば、PCなどのパソコンを用いて組織のデータに経路して最新の一報を必要なときに入手して活用することができます。職場インサイドなどの限られた範囲で利用するデータをインハウスデータといいます。調査を一元的に管理することにより調査の重出や齟齬を遠ざけるとともに、蓄積された一報を各ランクが共有して活用するなど、一報の効率的な収拾と実践を考えることができます。主に「人々収拾」「市販(宣伝)収拾」「人事収拾」などにデータを活用する職場が多いです。知らないことが多かったですが、勉強になりました。

僕は刺激が欲しいタイプ。楽しいことが大好き。だから結婚するまではかなわぬ恋や片思いをすることが多かった。
自分が好きなほうが、幸せってわけじゃないのに、いつもそういう恋のほうが多かったし、そのほうが楽しかった気がする。
でも今の結婚相手と出会って、今までの恋はお遊びだったんだなあと痛感する。それほど、本当に癒してくれて、優しくて、思いやりがある。
こんなに尊敬できる相手と出会えたことを神様に感謝したい。そんな相手。
ずっとジェットコースターに乗っているような恋に恋していた僕だけど、いつも心は満たされていなかったのだ。
いつか別れるだろう、そんな先の見えない相手とばかり付き合ってきたから、今の子の満たされた幸せな気持ちは
今の人と出会わなければきっと味わっていない。
いつも自分のことより相手のことを大事にしすぎてしまうくらいの、こんなに人の痛みがわかるひとはいない。
本当にありがたいし、大事にしたいと思っている。